即身成仏記

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<0512345678910111213141516171819202122232425262728293007>>

top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

告知他

レコーディング中。
いつできるかなー。

色んなことをやる予定ができてきてそれは楽しい。
色んなことしてー。

仕事に行きたくないと人並みに思う。人並みには働いていないが。
毎日踊って遊んで暮らしたいと思うが毎日踊って遊んでいる人の言葉を誰が聞きたいだろうかと思う。
別に何も深刻ではない。


6/24(金)
「エビフェス Vol.10」
@阿佐ヶ谷YELLOW VISION
open19:00 start19:30
Charge\1,500+1Drink

live:
yoyoyoyoruno
http://www.myspace.com/yoyoyoyoruno
eccentric
http://www.myspace.com/eccentricyou
因業(In-Go)
http://www.myspace.com/ingo2010
イツロウ
http://www.myspace.com/itsuroitsraw

司会:ひんでん高橋秀樹(まほまほファミリー)
http://hinden.seesaa.net/

※***開演前および転換時に旅番組「エビある紀」を上映***
☆AB型の出演者を集めたAB型フェスティバル(エビフェス)10回目!

サツキヤングさん&東京マリーさん主催、AB型の出演者ばかりを集めた異色のシリーズイベント。
服部がAB型のため、前回のソロ出演に続きバンドで出演。
今回は何が起こるんでしょう。
ちなみにベース指田が仕事で来られないため実験的に3人構成で、21時頃出演の予定。

スポンサーサイト
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

ポップ

 この雑誌たちは人々の所に届いているのだろうか?公園デビューにためらい悩み、南浦和徒歩17分のオートロックの部屋のなかで抱えた膝の隙間を見つめる例の若い主婦に。塾帰り月下、ただゲームボーイを見つめ家路に帰らんとする少年に。或は来るべき芸術の新世界を創造しようとする若き才能の息吹に。傷つき、笑い、苦しみ、希望を抱こうとする血の通った生の人間が生活している現場へとこの雑誌は届いているだろうか?この雑誌に書かれた言葉たちは、そこに手を伸ばそうとしているのだろうか?ポストモダンだの、シュールレアリズムだの昭和の総括だのと、見よ、詩人よ!人々はお前たちが車座になって話しあうその外にいる!詩人と銘打つ人間よ、お前は人々に何を指し示す?詩人住所録か?現代詩の定義か?垢にまみれた悪の華か?(馬野幹「長い自己紹介とここからはじまる」より 『詩学』2003年5月号)



それは八年前、馬野幹という詩人が今の僕と同い年のころに書いた若い宣言のようなものだけども、でも本当のことだ。

大学に長いこといて哲学をかじってみてわかったのは、僕は学問に向いていないということ。
あと哲学用語で語ることにはほとんど意味がないということ。
哲学用語というのは何か。専門用語だ。専門用語とは?業界用語のことだ。
業界人同士で話し合うのには必要だけど、業界の外の人にはほとんど意味をなさない。
でも哲学そのものは広い世界のことを語っている。
落ちこぼれてドロップアウトした元大学院生が言うのもおこがましいけれど。

「哲学用語はマジックワード。口にしたらわかった気になってしまう。でもほんとは何もわかっていない。哲学というのは、哲学用語を自分のわかりやすい言葉に置き換えていく過程なんです。」
と教授が言っていて、その言葉をずっと憶えている。

難しい言葉や概念をわかった顔で振りかざす、わからんやつは心の中で排除する。
自分だけ偉いと思いたい。僕はそう。今でも少しそう。
それはどれだけ哲学の元の目的からかけ離れているんだろう。
哲学や思想はこの危険をいつでも孕んでいる。
コミュニケーションが下手だから、モテないから、つま弾きにされるよりは見下すことで自分を保とうとする(「てゆうかあんなくだらないやつら眼中にねえし」)。
心の中での殺戮の喜び。復讐。いつか必ず行き詰まる。行き詰まった。
難しい概念の持つ豊かな内容を損ねないよう、必死でわかりやすい言葉に置き換えていく。
それはなんとか自分と世界の繋がりをつけていく作業だ。
このほうがずっと意味がある。元の目的とも一致する。

脱線した。
ほんとは詩や哲学について言おうと思ってたんじゃない。
音楽を含め、全ての表現について言いたかった。
表現はコミュニケーションだ。伝えなければいけない。
少なくとも伝えようとしなければいけない。

結局一部の人にしか理解されなかったとしても、やる側としてはできる限り広い世界に、自分の理解や想像の限りのそのまた外へ、しかもあなたに伝えようとしなければいけない。
わかるやつにだけわかればいい、というのは心底つまらない。
未来のあなたでもいいし、人は無限にいる。その広がり。

わかりやすければいいってもんじゃないのはもういいだろう。
「君の詩はわかりやすいようでさっぱりわからない」
笛吹きのジャガーさんがそんなことを言っていたけど、これも本当だ。
そういうものがたくさんあるのも、もう今更だろう。
だからって言葉慣れしたサークルに向けて自分だけが口語だと思ってる奇妙な文語で書く?
「わかるようでわかる」は良い説明文。
「わかるようでわからない」は悪い詩。
「わからないようでわからない」は悪い説明文。または詩。
「わからないようでよくわかる」は良い詩。

自分の中のわやくちゃなものを無限の広がりになんとか接続する。
てゆうかわやくちゃの中に広がりへの繋がりを見つけていく。
自分がかっこいいと思ってきたものを他人にもかっこいいと思わせる。
実験はし続けよう。
よくわからんこともたくさんしてみよう。
わやくちゃをどんどん広げよう。
そこからポップを。
ポップとは何か。
伝える力だ。

TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

先週末とか、世界の一端

土曜はバンドでライブでした。
HPに活動日誌書いてます。
http://yoyoyoyoruno.web.fc2.com/blog.html

というわけで個人記録。

5/27金曜は円盤にてくじ引きデェト。相方さんは山田民族さんでした!
経験豊かな胸を借りて色々やってみました。
マイクにディレイかけてみたりして何やってんだかよくわかんなかったけど面白かったです。
山田さんにも最近やった中で記憶に残ると言ってもらってうれしかった。
しかし自分自身への反省、もう3枚くらい抜けないとしょうがない。
山田さんも声出したり色々やってみたかったとか。
一緒に一杯飲んでからやったらよかったかもですねとその後飲みながらお話した。
というか俺が何するどんな人間なのか誰も知らないだろう。
ものすごい技術とかがあればいいんだけど無いし、自分はのっかるほうなので。
ああ、もっと色々やってみたい。

みなさん面白かったけど、印象に残ったのは円盤田口さんとオシリペンペンズ道下さん。
ラジコンの戦車とショベルカーで色んな楽器のスイッチを押したりしてた。
面白かったな。戦車から次々にBB弾が発射されて飛びはねる中、道下さんのギターがマイナーコードで鳴って少し歌ってるのは何かの光景だった。見たこともない光景で、笑えて、でもなんかきれいで。
思ってもみなかったものを作るのって、やっぱりこういう遊びからだったりする。
俺に足りなかったのはその遊びの気持ちだったのかも。


土曜のライブのその後、アメリカで働く中高からの友人が帰って来ていたのでそのまま品川に行って4人で朝まで飲んだ。
11月のまた別の友人の結婚式の余興の案を話していたわけだが、とりあえず要は僕が大変な思いをするらしい。大変だなあと思った。
とりあえずみんな元気そうでよかった。変わりない。
唐突に傘を踏み壊されたりしたのも昔と変わりない。
高校の仲間とあの日々はずっと僕の誇りであり、基盤であり、闇でもある。
あの頃学んだことや傷になったことは色々あるけど、わかったことの一つは人はみんな大なり小なりきちがいだということ。
その認識はどこかでやさしさの基にもなる気がする。
そんな我々も今年30歳になる。


日曜は起きて台風の中、西荻窪スワンプでの猫道節へ。
これがすごく面白くて感激した。
もうだいぶ眠いので感想は後日また書こう。

楽しい週末だった。
このところ毎日何かしらしている(仕事も含めて)。
そんなの同年代の普通の人からしたら当たり前なのかもしれないけど(むしろもっと忙しいだろう)、僕は何もしないで家にばっかいた頃があるので、それに比べると生活が大分変わった。
当時のことを後悔しまくったけど、今ではあの頃でさえ何かを蓄積していたのかなとちょっと思える。
あの頃、ネットばっか見てなんもしなくて、何故だかこの世は思想も表現もやり尽くされ考え尽くされて可能性なんて何も残っていないように勝手に思っていた。
でも実際バンド活動したり色々やって思ったのは、むしろ可能性はずっと広がっていて、その広さがすごくて何したらいいのかわかんなくなるぐらいだということ。
その広がりに切り込みたい。
まだ見ぬ知らぬことがたくさんあって、俺はいつもその一端しか見ることはできない。
世界も俺自身も、俺が考えているよりいつでもさらにずっと広がっているし、変化し続けている。

面白い。
将来とか色々と不安はいつもあるけど。

今週末はバンドの録音だ!
狩生健志さんに録ってもらう。
すげえー楽しみ。
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース


top

copyright © 即身成仏記. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。