即身成仏記

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<061234567891011121314151617181920212223242526272829303108>>

top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

深夜ゴルフ場

hito

深夜、友人と河原のゴルフ場にいた。
ほんとは立ち入り禁止だけど、たまにここにくる。深夜のゴルフ場は結構楽しい。
芝をとぼとぼ歩いている。
真っ暗だ。
多分池から牛蛙の太い声が響く。
ほんとにどうでもいい話ばかりしている。
俺のバンド名の案とか、宇宙刑事の話とか、小学校の時もてた話。
そんで笑っている。

深夜のゴルフ場は用途がない。よく意味がわからない。
昼間見るとゴルフ場なものが、真っ暗で芝が広がっててところどころにボンボンと林、または丸い木のシルエット。
でぼんやりしている。
夢の中みたいだ。
でかい声で笑ってるのも夢の中みたいだ。
たまに旗が立っている。
休憩所で煙草を吸った。
たまに走った。

以前休憩所に人が寝ていた時があって、あれはびびった。
向こうもびびっただろう。
人じゃないのはお互い様だ。

一回りして土手に上がろうとしたころで明るくなってきた。
そしたら土手に登る坂のアスファルトの至る所にミミズの死体が転がっていた。
けっこうたくさんいた。
あるものは干涸び、あるものには蟻がたかっており、またあるものはまだ生きていてぶのぶのしていた。
友人は俺の体を押し、踏ませようとする。俺はやめろよーと叫ぶ。
ふとなんだかかわいそうになって棒で生きてるやつをすくい、草むらの中に投げた。
何匹か助けた。
助けきれないのでめんどくさくなって途中でやめた。
まだ動いてるやつがいたけどほっといて去った。
少しく胸が痛み、またあわれな気持ちがした。
偽善だな、と思い、自己満足かしらと思ったけど、それでもいいともうそんなに若くないので思った。
実際助けられたやつがいて、その偽善には僕の優しさがほんの少しはあるだろう。
ごめんね、とちょっとだけ思い、どうでもいいとも思った。
土手に登って朝日を見た。

広場にテトラポットがたくさん積み重ねられていた。
すげーかっこいいと思った。
スポンサーサイト
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース


top

copyright © 即身成仏記. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。